firebilly

firebilly day

安全運転2

なんか今日仕事帰りに歩きと自転車で道にいた男子中学生2人組いて邪魔だった。自転車のベル鳴らして警告したら、ムカついたのか知らないけどわたしの自転車にわざとぶつかってきた。 思わず舌打ちしてしまった。 そういえば自転車って高校でも使うしちょっと色飽きたなーと思ったけどバラしてラッカーで塗装は時間ないしってことでAmazonでステッカー買ってべたべたした。あとグリップとペダル買ったけん届いたら付ける。ブレーキ替えたい。

昔「僕字が下手なんです」と語るお客さんが「どこに点を打てば綺麗な字になるのかどのくらい跳ねれば上手く見えるのかが全然分からないから丁寧に書いてもダメなんです」って言ってた。今日位置に気を付けながら自転車を邪魔な停め方してたおばさん見て思い出した。

仮に接触しなくても、自分の幅寄せが原因で自転車が事故をして、取り返しのつかない事態になる可能性を想像できないんでしょうね。ある程度スピードが出てる自転車なら車が軽くかするだけで命に関わる事故になるのに。 「自転車道を要求する前に自転車はルールを守れ」、これが国民に対する国土交通省の主張のようだが、最も危険な追突死亡事故の3/4の自転車はルールを守りながら殺された実情は完全無視らしい。

自分が追いついたときも後ろ確認せずに車道に出てきたので安全確認もクソもない。もう車道には出てこれなくなってしまい、チャリ屋の自転車引っ掛けてひっくり返してたりしてた。高校生のとき、バスに乗っていたら自転車を押している中学生の肩を抱きながら歩いている中学生を見た。私と目が合い自転車を押している子は手を払ったけど、肩を抱いていた子はめげずに再び肩を抱こうとしていた。どっちも男の子。


Share